FC2ブログ

プロフィール

シゲル

Author:シゲル
こんにちは(*'ω'*)
ダイビングも観光も好きなシゲルです。年に数回の旅行記録をブログに書いてます( *´艸`)
お気軽にコメントお願いします('ω')ノ

姉妹ブログ

よろしくお願いします٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 1坪ちょっとのお庭でぼんやりやっている家庭菜園の、観察日記的なブログです(・ิω・ิ) ちまちま集めてるご当地キティの記録です。キティちゃん関連のお出かけについてはこちらにアップしています(*゚∀゚)

カテゴリ

LINEスタンプ発売中~♪

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

PR

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner.png

インド旅行記7~ラージ・ガート観光~

2日目は午前中にデリーを観光後、アグラに移動するという旅程。

まずはラージガート見学。
ラージガートとは1948年1月に暗殺されたマハトマ・ガンディーさんが火葬された場所です。
入り口を入ると緑豊かな公園といった雰囲気で、芝生には野リスがひょこひょことお散歩していました。可愛い。
PC064803.jpg

こちらが火葬された場所とのこと。黒大理石の上に献花していました。
PC064807.jpg

芝生に黒大理石の献花台と、シンプルな作りなのにも関わらず偲ぶ雰囲気というか静かで落ち着いた雰囲気を感じたラージ・ガート。
私達は午前9時過ぎに行きましたがさすがインド独立の父として知られるマハトマ・ガンディーさん縁の地とあってインドの方らしき人々が結構来ていました。
「インド建国の父」「非暴力・不服従」、さらに日本では「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」という非常にありえないさまを表した言葉がちょっと有名
帰国後にガンディーさんがどんな方なのか気になって調べてみると検索候補に「マハトマ・ガンディー 名言」というものがありふむふむと読みました。
特にふむふむしたのは「弱いものほど相手を許すことが出来ない。許すということは強さの証だ」と「握りこぶしとは握手ができない」という言葉です。
銃を打たれた時に彼は額に手を当てる「あなたを許す」という意味の仕草をしたと伝えられているそうです。
blog47.png

せっかくガンジーさんについて調べたので、一週間くらいは「許す」ということを心に留めて生活していこうと思います。




その他のインド旅行記は、こちらの目次ページからご覧いただけます。(新しいウインドウで開きます。)
よろしければご覧くださいませ
関連記事

テーマ : インド旅行 - ジャンル : 旅行


banner.png

<< インド旅行記8~フマユーン廟~ | ホーム | インド旅行記6~ウエルカムホテルドゥワルカ~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。