プロフィール

シゲル

Author:シゲル
こんにちは(*'ω'*)
ダイビングも観光も好きなシゲルです。年に数回の旅行記録をブログに書いてます( *´艸`)
お気軽にコメントお願いします('ω')ノ

姉妹ブログ

よろしくお願いします٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 1坪ちょっとのお庭でぼんやりやっている家庭菜園の、観察日記的なブログです(・ิω・ิ) ちまちま集めてるご当地キティの記録です。キティちゃん関連のお出かけについてはこちらにアップしています(*゚∀゚)

カテゴリ

LINEスタンプ発売中~♪

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

PR

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner.png

インド旅行記・番外~行く前に、少しだけインドのことを…~

タージ・マハルは学生時代に教科書で見て、死ぬまでに絶対見てみたいと思っていました。
ムガール帝国の第五代皇帝であるシャー・ジャハーンが王妃のために造ったこの廟の向かいに黒大理石でできた自身の廟の建設を予定していたがアグラ城に幽閉されてしまいこの廟を眺めながら晩年を過ごした、というエピソードがまだうら若き乙女だった私に響いたのであります。
この後社会人生活を経てかなり現実的な性格へと変貌を遂げた私ですが、やはり白い大理石でできた建物に美しい彫刻などは写真より生で見たほうが美しいはずなので見たいという思いは変わりません。最近タージ・マハル建設後、工匠に褒美をとらせるために呼んだ際に王妃への秘めたる想いに気付き両手を切り落としてしまった、というエピソードをWikipediaで読んだときにはエッ…っとなりましたが。


ということで、熱く語ってしまいましたがタージ・マハルに関しては世界の建造物で5本の指に入るくらいの想いがあったのです。
しかしそれ以外のイメージというと…
blog38-2.png

「うわっ…私の知識、浅すぎ?」
しかも、パッと思いついたものではなくひねり出してこれですから。多分、そこらへんの園児とかに聞いても同じような回答が得られるでしょう…。

このまま行くのはマズイので図書館でインドに関する本を借りてきてお勉強しました。
まず借りてみたのは「インドの衝撃」「続・インドの衝撃」。

この本、完全なるジャケ借。「衝撃」って書いてあったのでカルチャーショック的な内容かと思って借りました。
しかし内容はインド人の勉強に対する姿勢、インド流ビジネス、外交など…私の知らないインドのことばかり。自国や自分の仕事に誇りを持っているインドのビジネスマン達がカッコイイです。
もちろん貧富の差があるインド、ですが多数いる貧困層に焦点をあてたビジネスなんかもありとても勉強になりました。

その後読んだこちらの本のほうが衝撃がありましたが…

1/4ほどしか読んでいないのですが、オートリクシャ、旅行会社、電車のチケット…何度もインド人にカモられる様子やお手洗い事情、そして親切なインド人に話しかけられ疑ってかかったら本当にいい人だったり。
ちなみに1/4で挫折した理由は、あまりにカモられすぎて読むのに疲れてしまったからです
インドの衝撃ではどちらかというとインドの上流階級の人への取材が多かったこともあり、自分のインドに対するイメージがごっちゃごちゃになりました
ですが、上流階級の方のビジネス力も、(自分はカモられたくありませんが)そうでない人の必死な生き方も、どちらもインドなのでしょう。

…って、ツアーで色々な建築物を回るなら、文化やビジネスよりも歴史を勉強しておいたほうがよかったんじゃ…




その他のインド旅行記は、こちらの目次ページからご覧いただけます。(新しいウインドウで開きます。)
よろしければご覧くださいませ
スポンサーサイト

テーマ : インド旅行 - ジャンル : 旅行


banner.png

インド旅行記2~転々!ツアー選び~

今回のインド旅行はツアー申込み後新しいツアーが発売されたりしたため3つのツアーを検討しました。

Aツアー
・一人約120,000円(サーチャージ込)
・往復ANA直行便 (恐らく往路NH917・復路NH918、機材はボーイング767)
・全食事付(9食)、うち一回はラジャスタンダンスを鑑賞しながらのディナー
・3泊5日 
 デリー(スーペリアクラス指定)
 アグラ(タージホテル指定)
 ジャイプール(タージホテル指定) 各1泊
・世界遺産8つ(フマユーン廟,クトゥブミナール,レッドフォート,タージ・マハル,アグラ城,ファテープルシクリ,アンベール城,ジャンタル・マンタル天文台)と、インド門,シティパレス,風の宮殿を観光。

有名ドコロの観光をしっかりできる
タージホテルというインドの高級ホテルグループのホテルに宿泊できる
インドの名所を各都市1日で巡るため、日程がタイト?


Bツアー
・一人約95,000円(サーチャージ込)
・往復エアインディア直行便(恐らく往路AI307・復路AI306、機材はボーイング787)
・到着日夕食、4日目昼食・夕食を除く食事付。(7食)
・3泊5日
 デリー(デラックスホテル指定) 3連泊
・世界遺産5つ(タージ・マハル,アグラ城,フマユーン廟,クトゥブミナール,レッドフォート)とインド門を観光。
自由行動日1日あり。

価格が安い
自由時間があるので好きに過ごせるが、添乗員さんやガイドさんなしで動けるかが不安
ジャイプールには立ち寄らない

Cツアー
・一人約135,000円(サーチャージ込)
・往復ANA直行便利用(恐らく往路NH917・復路NH918、機材はボーイング767)
・全食事付(12食)、うち一回はラジャスタンダンスを鑑賞しながらのディナー。
・4泊6日
 デリー(デラックスクラス指定)
 アグラ(スーペリアクラス指定)  各1日
 ジャイプール(宮殿ホテル指定)  2連泊
・世界遺産8つ(フマユーン廟,クトゥブミナール,レッドフォート,タージ・マハル,アグラ城,ファテープルシクリ,アンベール城,ジャンタル・マンタル天文台)と、ラージガード,インド門,シティーパレス,風の宮殿,ラクシュミ・ナラヤン寺院を観光。
象乗り体験とインドの家庭にてチャイ体験、カーンマーケット立ち寄り有り。
 
1日長く、象乗りやカーンマーケット立ち寄り・宮殿ホテルでの宿泊など他にはないプランがある
価格が一番高い
使ったことのない旅行会社


それぞれのツアーにいいところも気になるところもあり二転三転しましたが、
インドは1回行ったらもう行かないかも?ということで内容充実のCツアーで行くことにしました。

ちなみに代行で旅行会社に申請してもらっていたインドビザは、書類を送って1週間ほどで取得できました
旅行会社で預かってくれているので、出発当日に空港の旅行会社のカウンターで受け取るそうです




その他のインド旅行記は、こちらの目次ページからご覧いただけます。(新しいウインドウで開きます。)
よろしければご覧くださいませ

テーマ : インド旅行 - ジャンル : 旅行


banner.png

インド旅行記1~え、インドってビザいるんすか!?~

インドのゴールデン・トライアングル(デリー・アグラ・ジャイプール)を巡るツアーに行きましょうということになりました。

一度行ったらもう行きたくなくなるか、ドはまりするかに分かれるというインド。
私はどちらでしょうか。
本当に人生観が変わるのでしょうか。

そんな日本人とは違った世界観がありそうなインド。
渡航するのに観光ビザが必要らしいです。

えぇっ、ビザなんか今まで取得したことないしと思って軽く調べたのですが、インドネシアでは到着ビザの取得が義務付けられているらしく昔のパスポートを見たらビザシールが貼ってありましたそういえば、空港でお金を払った気がします

インドのビザは到着ビザではなく、事前にビザ申請センターに申し込み発給してもらうとのこと。
(アライバルビザもあるみたいですが、現地に到着してから時間もかかりますし万が一発給されなければトンボ帰りになりますのでツアーで行く私は事前申請です。)
旅行会社にお金を払って代行を頼むか、自分でビザセンターに申請を出すかしなければなりません。
自分でできるならやってみよう!とういことでビザ申請書類の見本を見てみたのですがビックリ。ものすごいボリュームです。
ざっくりとした申請の流れですが
①30項目程度の質問3ページ分と10項目ほどの質問1ページくらい。氏名や住所などの基本情報から両親の出生地やら学歴やら現地での滞在地なんかまで[英語で]答える。
②オンライン申請の後に申請書を印刷し、署名欄を記入する。
③申請センターに印刷した申請書と写真を持参する。
④その後オンラインで進捗確認をして手続き終了を確認できたらもう一度申請センターに赴く。
…おやおや、結構大変です。(ちなみに現金書留で申請料金と書類を送る郵便サービスもあるようです。)
滞在地って、2週間前に来る旅のしおりを見ないとどこのホテルかわかんないし、デリー、アグラ、ジャイプールでそれぞれ違うところに宿泊するのにどこを記載したらいいのだろうか…とちょっと途方に暮れました

結局私達が申し込んだツアー会社はビザ申請料2,156円の他手数料約5,000円で代行してくれるとのことで、茗荷谷にある申請センターに2回行く交通費を考えたら案外代行でやってもらったほうがコスパがいい気がして旅行会社に頼むことにしました。

後日旅行会社から来たビザ申請書類を見てビックリ。
A4用紙2枚分くらいのボリュームです
聞かれている内容はオンライン申請とさして変わらないはずなんですが、日本語で聞かれているというだけでかなり気が楽
流れとしては、
①旅行会社からの申請用紙(A4・2枚分)を[日本語で]書き、送付。
②旅行会社から入力済みの申請書と委任状が送られてくるので署名欄を記入し、パスポートと証明写真とともに貴重品扱いで返送。(ちなみに旅行会社のほうで入力してくれた滞在地は、ホテル決定済みだからかそれとも今回のツアー唯一の連泊だからかはわかりませんがジャイプールでの滞在先が記載されていました。)
③旅行当日に成田空港でパスポートを受け取る。
うん、めっちゃ簡単
blog34.png
楽なほうに流れていく女だと思わないでください、否定はしませんがちなみに旅行会社によって手数料はまちまちみたいで代行手数料だけで10,000円以上するところもありました。さすがにその金額なら自分で頑張ると思います




その他のインド旅行記は、こちらの目次ページからご覧いただけます。(新しいウインドウで開きます。)
よろしければご覧くださいませ

テーマ : インド旅行 - ジャンル : 旅行


banner.png

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。